学校中退後の奨学金

学校中退後の奨学金には

学校を中退した場合の奨学金は

学校を中退する場合には、退学の手続きから7か月後から奨学金の返済が始まります。他の学校に行く場合には、在学届というものを提出することで、進学先を卒業するまで返済が保留されます。また、次に進学をしないケースでも、職に就くことができずに返済が困難と思われる場合には、一般猶予という手続きをすると一定期間について返済を持ってもらうこともできます。これらの手続きを取らずに滞納してしまうと、延滞金を取られたり、挙句の果てには一括返済の措置が取られたりしますので、放置することはせずに必ず何らかの手続きを取る必要があります。

中退は必ずしも不利にならない

あなたに何か事情があって今いる学校を中退しなければならない時、自分の中でも周りの人からでも、学歴や経歴について傷がつくことを懸念する声があるでしょう。しかし、明確な意志をもって辞めるならば、かつての学歴社会ほどあなたの退学という経験がマイナスにはなりません。今いる場所を離れて新しいことにチャレンジする姿勢に対して、今は昔より寛容な時代です。学校を中退するのもその1つです。あなたの中で確かな思いがあって、次への挑戦であることをしっかり言語化しておきましょう。それを人にちゃんと説明することができれば、決してマイナスな受け取り方はされないはずです。

↑PAGE TOP